子育て知識

笑いすぎてる赤ちゃんは将来病気や障害になりやすい?関連性を解説

こんにちは!今回は赤ちゃんの笑顔と将来の病気や障がいの関連性についてわかりやすくまとめています。

この記事で書いていること

  • 赤ちゃんの笑顔と病気や障害の関連性があるのか
  • 赤ちゃんがよく笑う理由と仕組み
  • 本当に病気や障がいが心配なケースの例
  • 赤ちゃんの笑顔の知識や笑わせるコツ

よく笑う自分の赤ちゃんってやっぱりとってもかわいいですよね!

かくいう私も生まれたばかりの息子の笑顔を「毎日ニコニコしていて可愛いな」と思って見ていたんです。(親ばかですね笑)

ですがあるとき「赤ちゃんのときに笑いすぎていると将来自閉症などの病気や発達障害になりやすい」という記事を見かけて、ちょっと将来が不安になってしまいました…。

赤ちゃんの笑顔と将来の病気・障害の関連について徹底的に調べてわかったのは、新生児や生後数ヶ月の赤ちゃんが笑いすぎだと感じても、将来の病気や障がいを心配しすぎる必要はないということです。

こんなママやパパにおすすめ

  • 新生児や赤ちゃんが笑いすぎていて病気や障害の可能性が気になる
  • 逆に赤ちゃんがあまり笑わなくて不安になるときがある

赤ちゃんが笑いすぎでも病気や障害になるとは限らない

新生児や小さな赤ちゃんが笑いすぎていることで、よくママやパパに心配されているのは次のようなことです。

  • うつなどの精神の病気
  • 発達障害
  • 自閉症
  • 感情の異常
  • その他の障害の可能性
ネガティブに感じてしまう内容ばかりですよね…。

これをみた赤ちゃんが笑いすぎと感じているママは「すぐ病院に連れていったほうがいいかな…」なんて思うかもしれませんが、過剰な心配はしなくても大丈夫です。

結論は笑いすぎていることと将来の病気・障害は関係なく、直接的な因果関係を証明する根拠はありません。

赤ちゃんがよく笑うのはなぜ?

ではなぜ赤ちゃんがよく笑うんだろう…と思うかもですが、それには以下の二つが理由としてあげられます。

  • 月齢の低い赤ちゃんにも性格があるので笑顔の頻度に1人1人で違いがある
  • 赤ちゃん特有の笑いの仕組みがある

それぞれをわかりやすく解説していきます。

赤ちゃんにもひとりひとりに性格がある

赤ちゃんにも大人と同じで性格はあります。

十人十色なんてよくいいますが、たとえば声を大きく出すのが好きな明るい赤ちゃんもいれば、あまり声を出したがらない赤ちゃんもいますよね。

それは病気ではなくあくまでも赤ちゃんの個性であり性格なんです。

どちらがいいということもありません。

なので赤ちゃんが笑いすぎなのは、なにか身体に異常を抱えているからと断定する必要はないです。

赤ちゃんの元々の性格が明るいのが笑顔が多い理由とも考えられますので、短い期間の判断で動揺はせずに、親として長い目で見守ってあげましょう。

赤ちゃんの笑顔の仕組み

赤ちゃんがいつから笑うのかというと、生後間もない新生児でも普通に笑います。

さらに成長し、生後数ヶ月の期間を過ぎた赤ちゃんはさらに成長スピードが速くなります。

短い期間でどんどん成長ステージをあがっていき、顔の表情が豊かになっていくのですが、ちゃんと笑いにも仕組みがあります。

新生児と生後半年~1歳くらいの赤ちゃんの笑いの仕組みをそれぞれ解説していきましょう。

新生児の笑いは「新生児微笑」

新生児

新生児の赤ちゃんの笑いは「新生児微笑」と呼ばれる笑いです。

新生児微笑は「反射」と呼ばれる反応で、男の子・女の子どちらも共通で起こります。

赤ちゃんはとっても素直な生き物で、大人の動きと同じ動きをしたがるんです。

よくある反射の例をまとめてみました。

反射の例

  • ママが笑うと笑い返してくれる
  • 母乳を近づけると吸いたがる
  • 立たせると両足でじたばたする

反射は無意識で行われ、赤ちゃんが反射をするのは生命維持のためです。

「真似してみよう!」とは全然思ってはいないのに、体が勝手に反応してしまうということですね。

反射がいつまで起こるのかというと、新生児の時期を過ぎても生後2ヶ月~6ヶ月の間は自然な反射が続くと産婦人科の先生も言っていました。

新生児が笑うのは新生児微笑であり反射が原因なので、笑顔が多くてもさほど心配はいりません。

生後数ヶ月~の赤ちゃんは「社会的微笑」

数か月の赤ちゃん

生後数ヶ月以上たってくると、さらに赤ちゃんが笑いかけてくれる機会は増えます。

顔がくしゃくしゃになるくらいの笑いをみせてくれるときもありますね。

生後数ヶ月からの笑いは「社会的微笑」と呼ばれる、自分の意思により起こる笑いです。

最初は人の顔を見て反応して笑うという感じですが、だんだんその回数は増えてきます。

  • ふとママやパパと目があったとき
  • 抱っこやおんぶをしてあやしてあげたとき
  • ハイハイで追いかけっこをしたとき
  • ボールやブロック・積み木などおもちゃで遊んでるとき
  • 親子で一緒にお風呂に入ったとき

などなど、ニコニコしてくれるタイミングはたくさんありますが、さらに笑顔の機会が増えるのでとってもかわいいです。

楽しかったり、嬉しかったりといった自然な感情からくる笑いが増えていきます。

社会的微笑もまた、障害や病気と結びつくものではなく、感情が豊かである証拠といえるでしょう。

どんどん親子間でコミュニケーションをとり笑わせてあげたほうが、感性がよくなりむしろ成長にはプラスに働きます。

反対に笑わない赤ちゃんの方が危険

笑う赤ちゃんよりも、全く笑わない、もしくは笑顔が少ない赤ちゃんの方が心配が多いという意見が実は多くありました。

実際に自閉症や発達障がいなどを抱えた子どもの親御さんに話を聞いた結果、このようなことをいう親御さんがいたそうです。

  • 「生後2ヶ月~10ヶ月くらいはずっと静かだった」
  • 「おとなしかったのであまり手がかからなかった」
確かにずっと静かだったりムスってしている方が心配になるかもしれません。

生後すぐの新生児のときなら笑わなくても心配はあまりないようなんですが、生後3~4ヶ月くらい経過しても全然笑わないという場合は精神障害の心配もあるそうです。

医療機関での定期検査は皆様が受けると思いますが、心配であれば定期検査の時期じゃなくても早めに医療機関に相談するほうがいいでしょう。

もちろん笑わない場合も多くの場合は過剰な心配になるそうですが、表情やしぐさはよく観察してあげるといいでしょう。

よく笑う赤ちゃん=将来は賢く育つの?

よく笑う赤ちゃんに関して、実は笑うほど賢く育つという説もあります。

人が賢くなるにはシナプス=脳のつなぎ目を増やすことが必要になるのですが、よく笑う赤ちゃんは脳が元気に活性化されるので、このつなぎ目がたくさんできやすいんです。

さらに言えば、シナプスは幼児期が終わる6歳ごろまでが発達期間の目安なので、よく笑う赤ちゃんは賢くそだつといわれているのです。

笑いすぎは心配かもしれませんが、笑顔には悪いことだけではなくポジティブな面もあるということも覚えておきましょう。

赤ちゃんの笑わせ方

無理に笑わせすぎるのもよくありませんが、赤ちゃんはかわいいですから、できるだけ笑ってほしいという欲求があると思います。

あまり赤ちゃんが笑わないな…というときには、ママやパパの方から笑わせてみるということも試してみてはいかがでしょうか。

ママやパパが積極的に赤ちゃんや幼児期の子供とコミュニケーションをとることは、子育てには大切なこと。

たとえばですが、赤ちゃんを笑わせるためには次のような方法があります。

  • たくさん笑顔で話しかけてあげたりハグをしてみる
  • ちょっとだけこちょこちょしてみる
  • 児童向けの音楽を聞かせてみる
  • 公園にベビーカーで散歩に行ってみる
  • 好きなおもちゃや教材などで遊んであげる
  • 面白い絵本を読んであげる
  • 高い高いをしてみる
  • おいかけっこをしてみる
  • 一緒に家族でお風呂に入ってみる

赤ちゃんによってもちろん好みもありますが、笑わせるための方法はたくさんあるので試してみるといいでしょう。

愛情をもってスキンシップをし、深い関わりを持つことができれば、自然とニコニコ笑ってくれる回数は増えます。

もちろん、子供の性格や好みによって笑顔を増やすためにいい方法は全然違うので色々試してあげてくださいね!

ちなみに私の息子は車のおもちゃが大好きで、よく車のおもちゃで遊んでるときに笑ってくれたりします。

発達障害・グレーゾーンの子の対策教材

多くの場合あまり心配はないのですが、それでも将来の発達障害や病気が心配というママもいますよね。

発達障害の子というのは、適応力に遅れがあるケースが多いのです。

適応力に遅れのあるケース例

  • 他の子よりちょっと感情表現が苦手
  • 整理整頓ができない
  • ちょっと言葉が遅い

知能に遅れはないものの、このように一部の適応力に軽度の遅れがある子もあてはまります。

重度の症状だけが発達障害と呼ばれているのではありません。

明確な白黒をつける定義がないため、軽度の場合グレーゾーンと呼ばれることもあります。

そんな発達障害・グレーゾーンの子たちが発達遅れのカバーのために使用している教材で、天神という赤ちゃんから使える幼児教材があります。

モンテッソーリ教育という、元々そういった子たち向けに開発された学習法を取り入れている教材で、少し軽度の遅れがあるグレーゾーンの子たちも利用してます。

赤ちゃん教育にもピッタリな便利教材で、無料で資料請求もできます。

↓無料資料請求ができる公式サイト↓

赤ちゃんの笑顔と病気や障害の関連性のまとめ

まとめになりますが、赤ちゃんが笑いすぎだからといって心配する必要はあまりありません。

赤ちゃんが笑顔になるのにはちゃんと理由があり、笑わないよりはたくさん笑っている方が心配は少ないという専門家の見方も多いからです。

ただ逆に子供がほとんど笑わないという場合は、コミュニケーションの機会を増やしつつ注意してみる必要がありそうです。

  • この記事を書いた人

こどらぶ管理人

1児の父です。保育士の妻と一緒にかわいい2歳の息子を育ててます! 子育て知識については本や妻の話などで日々勉強しアップデートしています。ご興味があれば管理人プロフィールページやTwitterもご確認ください。 ブックマークやシェアなどしていただけると嬉しいです。

-子育て知識
-,

© 2021 こどらぶ