子育て知識

男の子と女の子の育て方の違い!特徴や性格の違いを理解しよう

男の子と女の子の違い

育児をしていて、男の子と女の子で育て方に違いがあるのか気になったことはありませんか?

男の子と女の子は見た目も当然違いますが、性格や特徴にもかなり違いがあります。

たとえばですが、第一子が女の子で第二子が男の子だった場合など、性別の違いによって子育てに苦戦してしまう人も少なくないそうです。

子育てをするうえで抑えておきたい、男の子と女の子の特徴や育て方における注意点などを紹介します。

※個人差はありますので、当記事で紹介している内容はすべてのお子さまに当てはまるわけではないことをご理解ください。

こんなママやパパにおすすめ

  • これから第一子とは性別の違うお子さまが生まれる方
  • 子育てがうまくいかず悩んでいる方
  • 男の子と女の子の差がわからない

男の子の特徴

まずは男の子の特徴についてお伝えしますが、男の子は0歳から6歳頃の幼児期は活発でじっとすることが苦手な子が多いです。

我が家の息子も毎日走り回っています。

その理由としては、元々のホルモンバランスの問題もあります。また、幼稚園や保育園へ行くと同性で固まることが多いというのも理由の一つです。

たくさんの男の子に囲まれている環境だと元々おとなしくてもにやんちゃな性格に変わることもあります。

口コミを見ていると、男の子はとても身体を動かすことが好きで、大人になった男性も子どもの頃は生傷が絶えなかったという人は多かったですね。

女の子の特徴

年少の女の子

続いて女の子はどんな特徴があるんでしょうか?

女の子は男の子と比べると身体を動かして遊ぶよりは、おしゃべりをしたり、折り紙などを使って遊んだりする子が多い傾向があります。

家庭では同姓であるお母さんや、お姉ちゃんがいる家庭ならお姉ちゃんの行動を外で真似ていることも多いです。

また、お母さんやお姉ちゃんなど年上の女性を見て育つことから大人びている一面もあります。

そのため基本的には男の子に比べたらちょっとおとなしい子が多いですが、女の子の中には負けん気が強く、ものをはっきり言う子も多いという意見もありました。

男の子と女の子の育て方のポイント

実は性別以上に本人の性格を重視する必要がありますが、先述した男の子・女の子の特徴をもとに、性別ごとの特徴や育て方のポイントを見ていきましょう。

男の子の育て方のポイント

男の子に関しては、活発で元気なのは良いですが、その分落ち着きがなく、衝動性が強い面を備えている子が多いです。

そのため、気になるものが視界に入ったらそれ以外のものが見えなくなることもあります。

交通事故などのリスクも高くなってしまうので、普段から周りを見るなどを習慣化していきましょう。

また、男の子の場合体力が有り余っていてわがままを言うときも力で押し切ろうとする子が多いです。

この場合力で対抗しようとする大人も多いですが、そうすると逆効果です。どうしてそれがだめなのか理由を上手にちゃんと伝え、毅然とした態度で接しましょう。

女の子の育て方のポイント

女の子の特徴ですが、女の子の場合大人しいが故に自分の意見を上手く主張できない子も多いです。

また、精神的に大人びているが故に自分の主張が通らないと諦めてしまっていることもあります。

女の子の子育てを経験したことがある人は、「小さい頃は手がかからなかった」と話す人も少なくありませんが、その場合言いたいことを我慢しているケースも少なくありません。

しかし、小さい頃に言いたいことを言えない環境で育ってしまうと、大きくなってからもその影響が出てしまいます。

そのため何か言いたいことがありそうなら、少しでもそれを聞き出すようにしましょう。

男の子と女の子で育てやすさに違いはあるの?

赤ちゃんとママ

男の子と女の子で育児のしやすさに違いがあるかというと、あまり大きな違いはありません。

よく「女の子の方が静かで手がかからない」と言われることも多いですが、そんなことはありません。

育てやすさに関してはそれよりも、一人一人の子どもの気質や性格の特性の面による違いの方が大きいです。

子どもの性格・育つ環境によって大きな違いがでます。

男の子は活発でやんちゃ、女の子は器用で静かな子が多いと解説しましたが、兄妹で全くこれと気質が逆というケースもよくあります。

それに、元々親がアクティブな性格であるがゆえに、子供が大人しい性格でどうしたら良いかわからないというケースも少なくありません。

ただ先ほど紹介した男の子と女の子の特徴からすると、男の子の場合は体力が有り余っているので親の方も体力面で、女の子の場合は精神的に大人びていることから精神的なフォローの面で苦戦してしまうことが多いです。

成長スピードにも性別よりも個人差が大きい

成長スピードに関しても個人差や遺伝の面が大きく、男の子だから大きい、もしくは女の子だから小さいということはありません。

やはり小学校以降は性別による身体の成長の差が広がりますが、0歳から6歳の間は性別による身長差はあまり無いと思った方が良いでしょう。

そのため、余程周りの子どもと比べて成長が遅すぎない限り、それほど身長に関しては気にする必要はありません。

ただ、精神面に関しては女の子の方が成長が早い傾向があります。これはおままごとなど頭を使って遊ぶ機会が多かったり、周りの子が大人びていたりすることが多いという理由です。

子育ては親が余裕をもって楽しむこと

男の子と女の子で、ものすごく大きな違いがあるというわけではありません。

性別ゆえの違いもありますが、それよりも性格や個人差に合わせた育て方をすることの方が重要です。

また子育てをする際には、ちゃんと愛情をもって育て笑顔の時間を増やすことを忘れないでください。

ママやパパも夜泣きなどの育児ストレスがたまると起こりがちにはなりますので注意しましょう!

余裕をもって子育てライフをエンジョイすることが大事です。

【無料資料請求OK】幼児教材オススメランキング

ママにオススメの無料で資料請求できる人気の幼児教材をランキングにまとめました。

お試し・比較検討にお役立てください!

こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじはイードアワード幼児通信教育教材部門で9年連続「子どもが好きな通信教育」No.1を獲得しました。

「エデュトイ」と呼ばれる知育教材や絵本・ワーク・DVDで、楽しく幼児期に必要なことを学習できます。

年齢別コースに分けられてるので、学習目的がわかりやすく、ママたちからの評判もピカイチです。

迷ったらまずは体験資料のお試しがオススメです。

Z会幼児コース

通信教材Z会の幼児コースです。

ワーク学習と体験教材で、親子一緒に楽しみながら教材を利用できます。

小学校入学を見据えての通信教材に人気で、年少~年長まで小学校の準備をしっかり行える教材です。

天神(幼児版)

天神の幼児版は「モンテッソーリ教育」という学習法を取り入れた自宅学習用通信教材です。

幼児版はタブレットでも利用できるようになりました。

10,000問以上の問題や幼児教育特化の学習システムで、お子さまの発達をサポートします。

発達障害やグレーゾーンの子も利用していて、資料請求後希望であれば無料体験も可能です。

  • この記事を書いた人

こどらぶ管理人

1児の父です。保育士の妻と一緒にかわいい2歳の息子を育ててます! 子育て知識については本や妻の話などで日々勉強しアップデートしています。ご興味があれば管理人プロフィールページやTwitterもご確認ください。 ブックマークやシェアなどしていただけると嬉しいです。

-子育て知識
-, ,

© 2021 こどらぶ